2010年07月05日

今度は防音がしっかりしているところへ

騒音の大きさは、周波数特性を踏まえ音圧レベルを補正した騒音レベルを用いることが一般的である。また、工場及び建設工事については、騒音規制法に基づき各都道府県で騒音の基準を定めている。平成19年度の日本全国の騒音苦情の件数を発生源別にみると、工場・事業場に係る騒音が最も多く、次いで建設作業騒音となっている。ただし、航空機騒音の場合は、騒音レベルを元に時間帯などを考慮して再計算された「WECPNL」という指数が用いられる。また、工場等での作業下における機械音等への暴露も、騒音問題の一つである。騒音・振動関係公害防止管理者(そうおん・しんどうかんけいこうがいぼうしかんりしゃ)は、公害防止管理者国家資格のうちの1つ。題名=騒音規制法 通称=なし 番号=昭和43年法律第98号 効力=現行法 種類=産業法 内容=騒音の規制など 関連=環境法 騒音規制法(そうおんきせいほう)昭和43年(1968年)6月10日法律第98号(最近改正:平成16年6月9日)は、工場及び事業場における事業活動並びに建設工事に伴つて発生する相当範囲にわたる騒音について必要な規制を行なうとともに、自動車騒音に係る許容限度を定めること等により、生活環境を保全し、国民の健康の保護に資することを目的としている。
posted by おいち at 18:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。