2010年06月08日

県外の不動産にも足を運びます

現在では軽井沢・那須・清里周辺などの別荘地が有名である。ヨーロッパのペンションとは異なるものである。別荘(べっそう, cottage, villa)とは普段生活している家屋 家とは別に、避暑・避寒・休養などの目的で気候や風景のよい土地、温泉地などにつくられた一戸建ての家。しかし日本で「ペンション」といえば、民宿のうち、建物が西洋風の瀟洒な外観・内装で、食事も主に西洋料理を提供する宿泊施設を指す。先週は不動産 香芝で別荘を見学してきました。造園(ぞうえん)とは、私的な空間である庭園や公共的な空間である公園などの緑地を土木的な基盤整備、意匠、植物の栽培管理によって造ることである。造園技能士(ぞうえんぎのうし)とは、国家資格である技能検定制度の一種で、職業能力開発促進法第47条第1項による指定試験機関(社団法人中央職業能力開発協会及び各都道府県の職業能力開発協会)が実施する造園技能士に関する学科及び実技試験に合格した者をいう。日本では江戸時代からこの意味での園芸が非常に興隆して、多くの古典園芸植物が育成される等、早くから一つの芸道的文化として造園術や農業から独立して存在している。造園(ぞうえん、造苑)とは、庭園などの空間を造ることである。造園施工管理技士(ぞうえんせこうかんりぎし)は、施工管理技士国家資格のうちの1つ。未だにこの問題は解決していないが、学術的に西欧式概念で園芸が定義されているので、造園術や農業の範疇に入らない芸道的、趣味的な園芸分野が応急的に趣味園芸、家庭園芸等といった呼称で片隅に追いやられる結果となってしまった。
posted by おいち at 18:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。